アートニュース

Vol.41 軽井沢メルシャン美術館閉館に思う2013/09/12

カテゴリ:[コラム]


一昨年、平成23年11月で閉館したメルシャン美術館の前を、今年の夏通りかかりました。

以前何回か行ったことがあり、大変綺麗な美術館だったことを覚えています。
キリンホールディングスがメルシャンを吸収合併して、合理化のため、継続を諦めて2年がたち、今では暗く門が閉ざされ、昔の面影はありません。
震災があったとはいえ、軽井沢近くの立地で維持が難しいというのは残念なことです。

景気回復の気配はありますが、(ちょうど東京オリンピックが決まったニュースが流れています)地方経済はこれからも難しいと思います。
地方都市の美術館の作品が、県または市の所有であれば、今後少しずつ売却され、地方財政に組み込まれていくことでしょう。地方美術館はこれからは、巡回展の場所、また地元作家の紹介、掘り起こしなどにその役割を変えていくことと思います。

追記

メルシャン美術館の場所は地元の御代田土地公社が2013年3月に取得しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です