ART NEWS
GALLERY TOP
Vol・32  〜“若返り”図る「百貨店美術」〜
2012年11月に全面開業した阪急百貨店梅田本店の9階に新設された「阪急うめだギャラリー」のこけら落としとして、12月9日まで開かれた名和晃平(ナワ コウヘイ)さん
(1975年生まれ)の個展が注目を集めました。

名和晃平さんは海外でも高い評価を受ける現代彫刻家で、彫刻と言ってもブロンズや木彫りではなく、3次元デジタル技術で樹脂などを形成した作品で
知られています。来場者は美大生や、アーティストら、若者が目立ちました。

今回、こけら落としに現代美術というのは・・・・・議論を呼んだと、阪急阪神百貨店マーケティング室長の橋本裕一さんは打ち明けています。
これまで百貨店が取り上げる美術家といえば、平山郁夫ら日本画壇やルノワールら印象派など、客層の中心である中高年女性の間で人気の作家が中心でした。
しかし「百貨店には一部の人だけが知る最高、最先端ののものを、より多くの人に広める機能が求められる。」と名和晃平展の開催にOKがでました。


日本で美術が普及する上で、百貨店は大きな貢献をしてきました。
展覧会を開き明治末から百貨店に置かれた「美術部」は作品の流通も担い、作家の発掘、育成の機能も果たしてきました。
しかし、バブルが訪れ美術品は鑑賞として楽しむという本来の目的を離れ、資産として購入する人も出てきました。
バブル崩壊と共にこうした風潮は収束したものの、その間に美術品の購買層は限定されるようになりました。


高島屋大阪店では美術画廊の売上の約7割を60歳以上が占めているといいます。
高島屋美術部担当次長の津田廣行さんは、経済状況が厳しい現在、年齢を重ねてゆとりが出てきた層が美術品を買われる傾向はこれからも続いてゆくと
思いますが、それでは将来の展望が描けない。「若い人に本質的な価値を持つ作品を手ごろな価格で提供し、共に成長しなければ」と話しています。
高島屋大阪店の「ギャラリーNEXT(ネクス)ト」では15日まで「Shobu−Ourworks」展を開催していました。障害のある人が創作活動をする「工房しょうぶ」
(鹿児島市)で制作された縫い物作品の展示です。大きな収益は見込めませんが、津田さんは「新人作家を発掘し、生活の中に美術を取り戻す取り組みの
一環」と位置づけています。


これからは、百貨店での美術品の取り扱いに変化が見え始めている証ではないでしょうか。
その背景には、若い層の顧客をという思いもうかがえますが。
百貨店という生活に身近な場所で、若手の美術科の作品が展覧される機会が増える事は良い傾向ではないでしょうか。



名和晃平(ナワ コウヘイ)
1975年 大阪に生まれる。

1998年 京都市立芸術大学美術学部美術科彫刻専攻卒業。

2000年 京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。

2003年 京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程彫刻専攻修了 博士号(美術)取得。

2004年 咲くやこの花賞「美術部門」受賞。(大阪市が大阪から世界に文化人を発信し、また大阪文化の振興・発展を目指すために設けている)

2005年 アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成によりニューヨークに半年間滞在。
       京都市芸術文化特別奨励者。

2006年 ダイムラー・クライスラー・ファウンデーション・イン・ジャパンによる文化芸術支援活動プログラム「アートスコープ」に参加。
       ベルリンに3ヶ月間滞在。

2007年 京都府文化賞 奨励賞受賞。翌年、六本木クロッシング2007(森美術館) 特別賞受賞。

2011年 史上最年少の作家として東京都現代美術館で個展開催。「名和晃平ーシンセシス(2011年6月11日〜8月28日)


作品を発表して以来、国内外で最も注目すべき若手現代アーティストの1人です。物の本質というテーマを元に、ガラスビーズや発泡ウレタン、グルー
シリコンオイルなどの様々な素材を用いた作品は、哲学的な問いかけを持って見る人に新しい視覚体験を与え続けています。



Vol・33  〜ワンダーシード2013〜
本展は、若手アーティストを対象に公募を行い、入選作品を展示会場にて販売をする展覧会です。
東京都文京区の「トーキョーワンダーサイト本郷」にて今年も開催されます。美術の公募展は、日展をはじめ多々ありますが、入選作品を展覧会で販売するのは
とても珍しい試みです。
2003年に「若き才能の作品を買って応援しよう!」「BUY=SUPPORT」(作品購入が若手アーティストの支援となる)をコンセプトに始まり
今回で11回目を迎えます。

対象は絵画が中心で、応募条件は35歳以下。第1回の応募者は469人で、今回が640人と毎年応募者は増えてきています。
作品は10号(約50cm×40cm)以下対象であり、価格は作家の希望価格に沿いながら判断して決めます。
安いものは数千円からあり、2万円〜3万円が中心です。毎回6〜7割が売れています。
家のリビングなどに飾りやすい大きさと手ごろな価格で、初めてアートをという人でも購入しやすいのではないのでしょうか。
本展は売ることに意味があるのではなく、ファンが出来る事に意味があるのです。


実際に入選がきっかけで有名になった画家もいます。
その1人、22年の入選者の鈴木紗也香さん24歳は、若手芸術家の登竜門といわれる「VOCA(ヴォーカ)展2013」で最高賞である「VOCA賞」を
最年少で受賞しました。


自分のお気に入りの作品を見つけ、購入し、家に飾り、それがい美術家を支援することにもなる。
アートの楽しみ方の原点ではないでしょうか。
将来、家のリビングに巨匠の作品が・・・なんてこともあるかもしれません。
作品は、展示会場以外にインターネットでも購入できます。


〜「ワンダーシード2013」展〜
会場 : トーキョーワンダーサイト本郷
会期 : 2013年2月2日(土)〜2月24日(日) 休館日:2月4日、12日、18日
時間 : 11:00〜19:00
入場料 : 無料
審査員 : 石原慎太郎 (作家、衆議院議員)
       小山登美夫 (小山登美夫ギャラリー)
       宮津大輔  (コレクター)
       丸山直文 (美術家、武蔵野美術大学教授)
       今村有策 (トーキョーワンダーサイト館長/東京都参与)
主催 : 公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト



*鈴木紗也香*
1988年ロンドン生まれの24歳。現在、多摩美術大学大学院絵画科油画専攻在籍。
繊細なタッチで浮遊感漂う作品が特徴。
Vol・34  〜ピカソの絵画42億円、モディリアーニの絵画40億円で落札〜
〜ピカソの絵画〜
2013年2月5日、ロンドンにて開催された競売大手サザビーズのオークションで、パブロ・ピカソ(1881−1973)の絵画「窓辺に座る女」が2860万ポンド
(約42億円)で落札されました。
この作品は、1932年に愛人のマリーテレーズ・ワルテルを描いた肖像画です。
落札予想価格は2500万〜3500まんポンド(36億〜51億)でした。落札者の詳細は明らかにされていません。

ワルテルの肖像画は、「ヌード、観葉植物と胸像」が2010年にニューヨークで競売にかけられており、この時には美術品として史上最高額の1億640万ドル
(約100億円)の値が付きました。
他にも2011年にロンドンのオークションで「ラ・レクチュール 読書」という作品が、2520万ポンドで落札されています。


ワルテルとは1927年、ピカソ45歳ワルテル17歳の時にパリの街角で出会いました。
ピカソが唐突に「わたしはピカソだ。二人で一緒にすごい事をしよう。」と口説いたといわれています。


〜モディリアーニの絵画〜
2013年2月6日、同じくロンドンにて開催されたクリスティーズのオークションで、イタリア出身の芸術家アメデオ・モディリアーニ(1884−1920)の絵画
「黒い帽子とほっそりした首」が2690万ポンド(約40億円)で落札されました。6日夜のオークションに出品された74点のうち最高値をつけました。
オークション開催前にクリスティーズ日本支社にてプレビューとして展示され、その美しさは他の作品を圧倒するものでした。

この作品は、1919年にフランス人の恋人ジャンヌ・エビュテルヌを描いた肖像画で、モディリアーニ特有の白鳥のような首が特徴です。
落札予想価格は、1600万~2200万ポンド(約23億〜32億円)でしたが、予想を大きく上回りました。こちらも落札者の詳細は明らかにされていません。


モディリアーニは1920年に結核で亡くなる直前にこの肖像画を描きました。
亡くなった数日後、恋人のジャンヌ・エビュテルヌも建物から飛び降りて自殺しています。



世界で経済低迷が続く一方で、過去数年間には中国、ロシア、中東のコレクターの競売参加が増加し、人気の高い作品の価格は高騰しています。
2013年の美術品オークションも好調なスタートです。
今年も目が離せません。
Vol・35  〜シンガポール美術市場 @〜
今、シンガポールはアジアの文化の中心地となるべく、国をあげてアートビジネスに力をいれています。 その一つとして、2011年から開催されている
アジア最大級のアートフェア「アートステージ・シンガポール」が、マリーナベイ・サンズエキスポ&コンベンションセンターで今年も盛大に開催されました。
本展は今回で3回目になりますが、他にもアートのイベントが行われるなど、街全体で盛り上げています。

今回は、23ヶ国から130のギャラリー、600名のアーティストが参加し、4万5000人ものコレクターや、愛好家が集まりました。
イベントスローガンに「WE ARE ASIA.」と掲げ、出展するギャラリーの75%はアジア太平洋地区が占めています。
シンガポールのギルマンバラックにギャラリーを置く「小山登美夫ギャラリー」をはじめ、日本からも10以上のギャラリーが参加しています。

世界3,600のオークション会社のオークションを追跡している美術品市場調査サイト「アートプライス・ドットコム」によると、シンガポールにおける
現代美術オークションの売買成立額は、2006年が53万7,000米ドル(約4,432万円)で世界21位。これが2010年には、1,060万米ドル
(約8億7,480万円)で6位に浮上し、コレクターが集まるイタリア、ベルギー、オランダを上回りました。2006年、2010年とも首位はアメリカで
成立額はそれぞれ2億5,250万米ドル(約208億円)、2億8,730万米ドル(約237億円)でした。
まだまだ、アメリカとの差は大きいですが、かなりの躍進ではないでしょうか。


現在シンガポールではオークション会社が増加しています。
日本のオークション会社も2008年の香港進出に続き、今年1月にシンガポールでもオークションを開催しました。
現在アジアにおけるアートの中心は香港ですが、シンガポールは、最近勢いを見せているインドネシアやマレーシアにとって便利な位置にあり
新しい時代の幕開けを期待しての開催となりました。


ロンドン画廊のオーナーも「シンガポールには大きな可能性がある。将来、美術品の一大拠点になるでしょう。」と述べています。

Vol・36  〜シンガポール美術市場 A〜
2012年にシンガポール経済開発庁、JTCコーポレーション、そして国立芸術協議会の3つの政府機関主導のもと、6億円以上を投じ
シンガポールの南西部、6.4ヘクタールの旧英国植民地時代の軍用地跡にシンガポール最大の現代アート地区「ギルマン・バラックス」が
オープンしました。

広大な敷地には、14棟の建物が点在し、日本、オーストラリア、ドイツ、中国など10カ国13ギャラリーがあり、レストランやカフェも併設されています。
そして、2013年には、南洋理工大学(シンガポール)が運営する「シンガポール現代アートセンター」のオープンが予定されています。
開設される13のギャラリーは、アジア太平洋地域のギャラリーにシンガポールより提案し、応募、審査という形で選ばれた現代美術ギャラリーです。
日本からは「ミヅマアートギャラリー」、「小山登美夫ギャラリー」、「オオタファインアーツ」の大手が参加しています。
2013年には村上隆率いる「カイカイキキギャラリー」も出店を予定しています。
シンガポールの新名所「ギルマン・バラックス」は巨匠の作品は勿論、将来が期待される新人アーティストの作品まで出会える他、各種アートセミナー
なども開催され、美術館とも少し違う今を象徴する生きたアートに触れられる所です。

経済開発庁のプログラムディレクター、ユージーン・タンさんは「この広大なエリアを東南アジアの代表する現代アートのハブにするというビジョンの
具現化には、相当な挑戦が伴いました。各政府機関が集結して実現したプロジェクトです。今後も、運動しながら現代アートの発信地として
盛り上げて生きたいです。」と語っています。

2006年の「シンガポール・ビエンナーレ」に始まり、2010年から定期開催されている国際的なアートイベント「アートステージ・シンガポール」などを
経て「ギルマン・バラックス」の完成は、アートを継続性のある産業としていく道が見えてきたのではないでしょうか。
そして、2015年には「ナショナル・アート・ギャラリー」の開館も予定されています。

参加を決めた理由として小山登美夫ギャラリーは、経済開発庁のサポートがある事、シンガポールにアートコレクターは少ないがマレーシア、インドネシア
など近隣諸国を含めればギャラリーが集まる有望な場所である事、香港に比べて家賃が安く治安の良い事などを挙げています。
他にもアート業界の期待は大きいです。


大きな広がりをみせる”アーな都市”シンガポールに今後ますます注目が集まりそうです。
そして、アジアの中のアートハブを自称する香港としのぎを削りながら、世界のアート市場をさらに熱く盛り上げてくれるのではないでしょうか。
Vol・37  〜シンガポール美術市場 B〜 倉庫ビジネス
近年、アジア経済の成長の中富裕層が美術品を投資資産として購入する動きが活発化しています。
シンガポールはそこに目を向け、こうした美術品や貴金属など、いわゆる現物資産を安全に保管し、取引も手助けすることを売り物にした
「倉庫ビジネス」を考えたのです。
2010年、チャンギ・ノース空港に隣接して、美術作品など収集価値のあるものを無税で保管できるフリー・ポートを設備し、政府はこの倉庫の敷地を
新たに「自由貿易地区」に定め、物品サービス税などが免税される優遇措置をとったのです。
(シンガポールはもともと港や空港のそばに関税や消費税にあたる7%の物品サービス税が一切かからない地区、「自由貿易地区」を設けています。)
倉庫ビジネスもシンガポール政府が強力に後押ししています。

フリー・ポートは床面積2万5千平方メートル、およそ90億円をかけて建設した世界最先端のセキュリティシステムを誇る倉庫です。
現在、世界的なオークション会社や、スイスやカタールなどの美術品や貴金属を売買する会社など8つの企業がこの倉庫をテナントとして借りています。
倉庫は保管するだけでなく、その中でギャラリーの開催が出来るので、倉庫を借りているテナント主催の絵画の売買が直接行われたりしています。
ちょうど空港の免税店で、売り手と買い手が直接取引している様なイメージです。
『アジアの富の取引は是非シンガポールで』という政府の掛け声もあって、この倉庫に入っているテナントの事業は順調です。

あるテナントは去年の貴金属の取引が、一昨年(2011年)の7倍に増えました。
今後の期待も高そうです。

その一方で、最大の問題点はブラックマネー、不正蓄財などの資産の逃避先として悪用される恐れがある事です。

そうした問題があっても、資源が無く、水すら輸入に頼る人口530万のシンガポールにとって、世界から人、物、金を集める戦略は死活的に重要です。
倉庫ビジネスは取引そのものが無税でも、企業や人が集まる事で法人税や観光収益など様々な副次的な利益が期待できるのです。